富士山ツアーのご参加に必要な装備・ウェア

装備や服装の不備・忘れ物は、致命的なトラブルになる可能性があります。忘れ物がないようにしっかり準備しましょう。もし装備や服装に不備があった場合は、登山を中止しなくてはならない事態になることがあります。 分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

富士登山の装備・服装リスト(は必須装備)

登山靴
トレッキングシューズ
防水透湿素材を使用した、ミドルカット以上(くるぶしがしっかり隠れる深さ)の登山用シューズをご用意ください。靴底の溝(ソールパターン)が浅いものは富士山特有の砂礫では滑りやすく、お勧めしません。新しい靴の場合は、必ず足馴らしを済ませてください
ザック
30~40リットル程度のザックをご用意ください。軽量なものよりもパッドがしっかりした体に合ったものを選びましょう。
ザックカバー ザックにしっかり装着できることを必ず事前に確認して下さい。ザックに付属している場合もあるので一度ご確認ください。
レインウェア ★ゴアテックス等の防水透湿性素材を使用したもの
★上下セパレートのもの
★フードが付いているもの(バイク用不可)
★登山靴を履いたままパンツが脱ぎ履きできる事を確認してください。※レインウェアは防寒着やウィンドブレーカーとしても役立ちますので、ザックのすぐ取り出せる場所にパッキングしましょう。
ストック 必須装備ではありませんが「あった方が楽に登れる」という方が多いです。
日よけの帽子 日焼けや怪我防止のために、ツバ付きの帽子を必ず被ってください。
防寒の帽子 朝と夕方は、気温10度以下になります。耳まで隠れるニット帽等をお持ちください。
フットスパッツ 必須装備です、忘れずにお持ち下さい。スパッツがないと靴の中に砂が入り、歩けなくなってしまいます。現地で手間取らないように、必ず事前に装着の練習をしましょう。
サングラス 必ずお持ちください。紫外線と砂ぼこりから目を守ります。
飲み物 出発時に1リットル以上持ちましょう。2日目の分は山小屋で購入することができます。ハイドレーションを利用するとスムースに水分補給できます。
行動食・お菓子 山小屋で提供される食事は
1日目の夕食、2日目の朝食です。
それ以外の食事は、準備する事になります。山小屋以外でので食事は、まとまった食事時間は設けていません。登山中の休憩のときに、適宜、行動食でエネルギー補給をします。
おにぎりやパン、ゼリー飲料やカロリーメイト、ようかん、お菓子など、傷みにくく手軽に口にできるものを用意してください。甘いもの、塩分が取れるものを織り交ぜると飽きがきません。
とくに2日目は行動時間が長く、おなかが空きますのでしっかり用意しましょう。
足りなくなった場合は、簡単なものでしたら山小屋で購入することもできます。時間にゆとりがあれば山小屋で食事をすることもできます。
防寒着
(2つ)
朝夕は気温が低く(5℃以下になるときも)フリースだけでは寒いことが多く、薄手のダウンを合わせてご持参ください。重ねて着られることを事前に確認してください。
日焼け止め 富士山は紫外線量が多いです。かならず日焼け止めを塗りましょう。疲労軽減にもなります。
着替え 靴下やアンダーウェアの替えがあると安心です。
ヘッドライト 登山前に動作チェック・電池残量チェックを必ず事前に行ってください。
例)ジェントスGTR-931H
保険証 コピーでもかまいませんので必ずお持ちください。
携帯電話・スマホ 登山中は「電源を切る」か「機内モード」でバッテリーを温存しましょう。山小屋で充電可能(有料)。
大小ビニール袋 万が一の防水やゴミ袋用に、何枚かご持参ください。
医薬品 必要に応じて常備薬、持病薬をお持ちください。
マスク
手ぬぐい
下山時「大砂走り」の砂ぼこり対策に。噴火時の噴煙対策にも。
薄手の手袋 日よけ・怪我予防に。薄手のものでも構いません。化学繊維かウール製のものをご持参ください。
雨用の手袋 雨天時用の防水手袋。
例)モンベル OutDry レイングローブ
※ガイドは作業用手袋テムレスを使っています。デザインを気にしなければ格安でおすすめ。
ヘルメット 富士山ではたびたび落石事故が発生します。また富士山は活火山であり常に噴火のリスクがあります。ヘルメットはこれらに対し安全を保証するものではありませんが、受傷リスクを減らすためにも用意されることをお勧めします。

富士登山の服装・ウェアリング

  • コットンは避けてください。汗で濡れると乾きにくく夏山であっても低体温症リスクを高めるからです。化学繊維製または薄手のウール、シルク製のものを着用してください。
  • 登山中は行動中と休憩時の暑さ寒さが極端なため「暑いときは薄着になれる」「寒いときは重ね着できる」といった動作ができるように工夫しましょう。1日目は標高が高くないので、暑いことも多いので着込みすぎに注意しましょう(長ズボン+タイツは要注意)。
  • 怪我や日焼け防止の意味で、薄着になった場合でも肌が露出しない服装にしましょう。

便利グッズ

ウェットティッシュ 富士山の小屋に水道が無く、洗顔が出来ませんので、ウェットティッシュがあると重宝します。
耳栓・アイマスク 慣れない山小屋では睡眠が浅くなりがち、快眠グッズを活用しましょう。
ジップロック 貴重品の防水やゴミ袋など、使い道いろいろ。
小銭 富士山のトイレはチップ制(200~300円)。小銭の用意があるとスムースに利用できます。

その他

◎コンタクトレンズを着用している方へ。
富士山では砂礫が舞うことが多いので、コンタクトレンズ(特にハードレンズ)の方はご注意ください。可能であれば、メガネの着用をおススメします。