<プリンスルート概要><アクセス><持ち物>

富士登山の持ち物

登山の装備や登山用ウェアは自分の身を守ってくれるだけではなく、自分の体力やポテンシャルを引き出してくれる大切なものです。富士登山を快適にするためにも、しっかり準備をしてください。分らないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。不備や忘れ物があると、登山が出来なくなったり致命的なトラブルになることがありますので注意しましょう。

富士登山の装備・服装リスト(は必須装備)

登山靴
トレッキングシューズ
防水透湿素材を使用した、ミドルカット以上(くるぶしがしっかり隠れる深さ)の登山用シューズをご用意ください。靴底の溝(ソールパターン)が浅いものは富士山では滑りやすく、お勧めしません。新しい靴の場合は、必ず足馴らしを済ませてください
ザック
容量は30~40リットルが使いやすいです。軽量で薄手のものよりも、パッドがしっかりした体にフィットするものを選びましょう。体にあったザックは荷物が軽く感じ、疲れにくくなります。
ザックカバー ザックは完全防水ではないので雨に備えてザックカバーが必要です。事前に装着確認をして下さい。ザックに付属しているタイプと別売りのタイプがあります。
レインウェア ★ゴアテックス等の防水透湿性素材を使用したもの
★上下セパレートのもの
★登山用であること(バイク用や釣り用はNG)
★登山靴を履いた状態でレインパンツが脱ぎ履きできる事を確認してください。
★フリースジャケットが中に着られるサイズのものを。
★防寒着としての使用頻度が高いので、すぐ取り出せる場所に収納しましょう。
日よけの帽子 日焼けや怪我を防ぐために、ツバ付きの帽子(キャップorハット)を用意してください。
フットスパッツ(ゲーター) 富士山は砂が深く(特に下り)フットスパッツがないと靴の中に砂が入り、歩けなくなってしまいます。事前に装着の練習をしておきましょう。
サングラス 必ずお持ちください。紫外線と砂ぼこりから目を守ります。
フリースジャケット レインウェアを重ねて着られる厚さのものを。かさばるものの、暖かく、軽く、濡れてもすぐに乾きます。
薄手のダウンジャケット 朝夕は気温が低く(東京の真冬並み)フリースだけでは寒いことが多く、薄手のダウンジャケットがあると安心です。
日焼け止めクリーム 富士山は日を遮る木々がありません。紫外線対策は念入りに。
ヘッドライト 両手が空くヘッドライトを用意しましょう。登山前に動作チェックを必ず行ってください。電池は新品に交換しておきましょう。
例)ジェントスGTR-931H
保険証 コピーでも構いませんので必ずお持ちください。
誓約書 メールでお送りしたPDFをプリントアウトし自筆記入してください。
携帯電話・スマホ 登山中は「機内モード」でバッテリーを温存しましょう。山小屋で充電可能です(有料)。
大小ビニール袋 万が一の防水やゴミ袋用に、何枚かご持参ください。
医薬品 必要に応じて常備薬、持病薬をお持ちください。
マスク
手ぬぐい
下山時「大砂走り」の砂ぼこり対策に。
薄手の手袋 日よけ・怪我予防に。薄手のものでも構いません。軍手はNGです。
雨用の手袋 雨用の防水グローブがあると安心です。
・モンベル OutDry レイングローブ
・デザインを気にしなければ格安でおすすめ作業用手袋テムレス
ニット帽 朝と夕方は、気温10度以下になります。耳まで隠れるニット帽があると安心です。
ストック 必須装備ではありません。ストックを使うと疲れにくいと感じる方が多いようです。
着替え 靴下やアンダーウェアの替えがあると安心です。
ヘルメット 富士山ではたびたび落石事故が発生します。また富士山は活火山であり常に噴火のリスクがあります。ヘルメットはこれらに対し安全を保証するものではありませんが、受傷リスクを減らすことができるので、持っていると安心です。
飲み物 1日目の出発時に最低1リットル持ちましょう。2日目の分は山小屋で購入します。ハイドレーションを利用するとスムースに水分補給できます。
行動食・お菓子 山小屋の滞在時間以外では、基本的にまとまった食事の時間を設けていません。登山中の休憩時に、こまめに補給します。

★1日目のお昼
★2日目のお昼
にあたる行動食をご用意ください。

おにぎりやパン、ゼリー飲料やカロリーメイト、ようかん、お菓子など、傷みにくく手軽に口にできるものを用意してください。甘いもの、塩分が取れるものを織り交ぜると飽きがきません。
とくに2日目は行動時間が長く、おなかが空きますのでしっかり用意しましょう。
足りなくなった場合は、簡単なものでしたら山小屋で購入することができます。時間にゆとりがあれば山小屋で食事をすることもできます。

富士登山の食事

【1日目】
朝: 事前にしっかり食べておきましょう。
昼: 行動食(準備してください)
晩: 山小屋でカレー(おかわり自由)

【2日目】
朝: 山小屋で朝ごはん※
昼: 行動食(準備してください)

※「頂上でご来光」の場合は山小屋で朝ごはんが食べられませんので、パンやゆで卵などの軽食が提供されます。

便利グッズ

ウェットティッシュ 富士山の小屋に水道がありません。ウェットティッシュがあると重宝します。
耳栓・アイマスク 慣れない山小屋では睡眠が浅くなりがち、快眠グッズを活用しましょう。
ジップロック 貴重品の防水やゴミ袋として使い道いろいろ。
小銭 富士山のトイレはチップ制(200~300円)。小銭があるとスムースに利用できます。

服装の注意点

  • コットン(綿)は避けてください。汗や雨で濡れると乾きにくく体を冷やしてしまい、低体温症リスクを高めるからです。化学繊維製、シルク製のものを着用してください。
  • サポートタイツを着用する場合はハーフパンツ等と合わせてください。ロングパンツ+サポートタイツの組み合わせは、暑くなりすぎてしまいます。
  • 薄着になった場合でも肌が露出しない服装にしましょう(半袖やハーフパンツだけではNG)。
  • アンダーウェアは登山用のものがおすすめです。
    例)モンベル ジオラインLW など
  • 行動中は暑さ・寒さが極端なため、着たり脱いだりを繰り返します。「暑いときは薄着になれる」「寒いときは防寒着を重ね着できる」といった動作がスムースにできるように準備しましょう。

その他

  • 富士山では砂礫が舞うことが多いので、コンタクトレンズ(特にハードレンズ)の方はご注意ください。可能であればメガネの着用をおススメします。
  • 山頂にある郵便局からハガキを投函したい場合、頂上では記入する時間がない場合があります。ハガキは事前に用意しておき、宿泊するわらじ館で記入しておけば、頂上では投函するだけで済みます。
    ※郵便局の営業期間は短く、8月20日くらいまでです。