<プリンスルート概要><アクセス><持ち物>

富士登山の持ち物

下記リストを参考に準備をしてください。登山装備は登頂を左右する大切なもの。忘れ物や不備があると登山リスクを高め、場合によって登山を中止にすることがあります。分らないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

富士登山の装備・服装リスト(は必須装備)

登山靴
トレッキングシューズ
ゴアテックスを使用したくるぶしがしっかり隠れる深さのもの。砂礫の富士山では靴底の溝(ソールパターン)が深いものが滑りにくくオススメ。新品の場合は必ず足馴らしを。
ザック
容量:30~40リットル。薄手で軽量なものより、パッドがしっかりしたものを。体にフィットしていると荷物が軽く感じ、疲れにくいです。
ザックカバー 雨でザックを濡らさないためのカバー。すばやく装着できるように、必ず事前練習を。ザックにはじめから付属しているタイプもあります。
レインウェア ★ゴアテックス等の防水透湿性素材を使用したもの
★上下セパレートのもの。ボンチョはNG。
★登山用であること(バイク用や釣り用はNG)。
★登山靴を履いた状態でレインパンツが脱ぎ履きできる事を確認してください。
★フリースジャケットの上に着られるか確認を。
★雨だけでなく、ウィンドブレーカーや防寒着として頻繁に使います。すぐに取り出せる場所に収納を。
帽子 日焼けや怪我を防ぐために、ツバ付きの帽子(キャップorハット)を。
フットスパッツ(ゲーター) 必須装備。富士山登山道は砂が深く、下りではフットスパッツがないと靴の中に砂が入り歩けなくなります。装着に手間取る方が多いです。事前に装着練習を。ショートタイプでもOK。
サングラス
(UVカット眼鏡)
紫外線と砂ぼこりから目を守ります。
ソフトシェルジャケット・フリースジャケット 厚すぎるとレインウェアが重ね着できなくなるので注意。ソフトシェルと呼ばれるタイプは耐風性があり薄くても暖かでおすすめ。
例)モンベル ノマドJK・サイクライムJK
薄手のダウンジャケット 山小屋の滞在中は上記のフリースだけでは寒いことが多いので、薄手のダウンジャケットがあると安心。ユニクロの薄手ダウンでもOK。
日焼け止めクリーム 富士山は日を遮る木々がありません。紫外線対策は念入りに。
ヘッドライト 手で持つタイプのライトはNG。登山前に動作チェックを必ず行ってください。電池は新品交換を。
例)ジェントスGTR-931H
保険証 コピーではなく原本を。
誓約書 メールでお送りしたPDFを印刷し、自筆記入してください。
携帯電話・スマホ 登山中は「機内モード」でバッテリーを温存しましょう。山小屋で充電可能(有料)。
大小ビニール袋 万が一の防水やゴミ袋用に。
医薬品 ご自身の体調に合わせた常備薬、持病薬を。
マスク
手ぬぐい
下山時「大砂走り」の砂ぼこり対策に。
薄手の手袋 日よけ、怪我予防、防寒に。軍手はNG。
雨用の手袋 雨用の防滴・防水グローブをご用意ください。
・デザインを気にしなければ格安でおすすめ作業用手袋「テムレス」
ニット帽 防寒用に。耳まで隠れるニット帽があると安心。
ストック 歩きにくい砂礫でバランスを補助してくれます。
着替え 靴下やアンダーウェアの替えがあると安心。
ヘルメット 富士山ではたびたび落石事故が発生します。また富士山は活火山であり常に噴火のリスクがあります。ヘルメットはこれらに対し安全を保証するものではありませんが、受傷リスクを減らすことができるので、持っていると安心。
飲み物 1日目の出発時に最低1リットル持ちましょう。2日目の分は山小屋で購入します。ハイドレーションを利用するとスムースに水分補給できます。
行動食・お菓子 山小屋の滞在時間以外では、基本的にまとまった食事の時間を設けていません。登山中の休憩時にこまめに補給します。

★1日目のお昼(おにぎり・パンなど)
★2日目のお昼(傷みにくいものを。行動時間が長いので量を多めに)

おにぎりやパン、ゼリー飲料やカロリーメイト、ようかん、お菓子など、手軽に食べられるものを用意してください。甘いもの、塩分が取れるものを織り交ぜると飽きがきません。
足りなくなった場合は、簡単なものでしたら山小屋で購入することができます。時間にゆとりがあれば山小屋で食事をすることもできます。

富士登山の食事

【1日目】
朝: 集合前にしっかり食べておきましょう。
昼: 行動食(おにぎりやパンなど)
晩: 山小屋でカレー(おかわり自由)

【2日目】
朝: 山小屋で朝ごはん(or軽食の提供)
昼: 行動食(傷みにくいものを。行動時間が長いので多めに準備。)

便利グッズ

ウェットティッシュ 富士山の小屋に水道がありません。ウェットティッシュがあると重宝。
耳栓・アイマスク 慣れない山小屋では睡眠が浅くなりがち、快眠グッズを活用しましょう。
ジップロック 貴重品の防水やゴミ袋として使い道いろいろ。
小銭 富士山のトイレはチップ制(200~300円)。小銭があるとスムース。

服装の注意点

  • 登山中は暑さ・寒さの差がとても大きいです。どのように対応するかというと、暑いときの薄着を基本にし、寒むければそれに防寒着を重ね着をしていくことで温度調整をします(レイヤリングと呼ばれます)。たとえば出発時に寒ければ重ね着した状態でスタートし、暑くなれば脱いでいきます。
  • コットン(綿)のウェアの着用は絶対にNG。汗や雨で濡れると乾きにくく体を冷やしてしまい、低体温症リスクを高めるからです。化学繊維製、シルク製のものを着用してください。
  • サポートタイツを着用する場合はハーフパンツ・キュロット等と合わせてください。ロングパンツ+サポートタイツの組み合わせは暑くなりすぎて熱中症になってしまいます。
  • 薄着になった場合でも肌が露出しない服装にしましょう(半袖やハーフパンツだけではNG)。
  • アンダーウェアは登山専用のものがおすすめです。
    例)モンベル ジオラインLW

その他

  • 富士山では砂礫が舞うことが多いので、コンタクトレンズ(ハード)の方は、可能であればメガネの着用をおススメします。
  • 山頂にある郵便局からハガキを投函したい場合は事前に準備を!頂上では記入する時間のゆとりがないことが多いです。ハガキは事前に用意しておき、宿泊するわらじ館で事前に記入しておけば、頂上では投函するだけで済みます。※郵便局の営業期間は短く、例年8月20日くらいまでです。