富士登山のリスク

ガイドが付いていても、安全は保証されません。

登山にはリスクがあります。ガイドが付いていても、安全が100%保証されるわけではありません。登山中は可能な限りリスク低減に努めますが、大怪我をしたり命を落とす可能性はゼロではありません。富士山に踏み込む前に、お客さま自身が登山のリスクを認識しておくことは、とても重要なことです。一読をお願いします。

噴火

富士山は火山ですので噴火をする可能性があります。火山観測網が整備されていますが、確実に予知され登山者が噴火を回避できる保証は、残念ながらありません。2014年に噴火した御嶽山のように、小規模(生活圏内に影響が少ない)といわれるような噴火であっても、「登山者」にとっては命にかかわる重大なリスクになります。

突然死

登山中に心臓発作(心筋梗塞)が起きた場合、まず助かりません。AEDがそばに無いことが多く、また病院までの搬送に時間を要するからです。心臓突然死は登山の3大死因のひとつであり、近年、目立って増えています。高血糖、高血圧、高コレステロール、狭心症をお持ちの方がそのリスクが高いと言われています。

雑踏災害

頂上付近は時間帯によってはとても混雑します。そのような時に、何らかのアクシデント・パニックが起きた場合、将棋倒しのような「雑踏災害」が起きる可能性があります。

夏山では雷がよく発生し、まれに被雷事故が発生します。天気予測をしても雷を100%回避できるわけではありません。富士山の登山道は殆どが森林限界(木が生えていない)で開けているところが多く、雷に遭遇してしまうと、身を隠すことが困難です。

落石

富士山の登山道はどこでも落石の危険があり、落石事故がたびたび起きています。落石は自然発生するものと人為的に発生するものがありますが、いずれも予測することが困難です。また、自分が落石を発生させないよう注意しなければなりません。

高山病

登山中は、お客さまが高山病にならないよう最善を尽くします(呼吸法などのレクチャーを行い、また適切なペースで歩きます)。しかし、これまでの経験ではお客さまの5人に1人程度は低酸素に順応できず、高山病症状(吐き気・頭痛)を訴えられます。これは「体力」とは関係なく、「体質」や「寝不足などの体調不良」によるものです。重症化すると肺水腫や脳浮腫になり、命を落とすことがあります。

その他、想定外の事象

大地震、大崩落、山体崩壊etc