冬の天城山

2015年12月

2015年最後のガイド、伊豆・天城山シャクナゲコースを歩いてきました。天城山はアセビ・シャクナゲが開花する5月に人気が集まりますが、落葉広葉樹が葉っぱを落とし展望が良くなる冬もオススメ。暖冬のせいか凍結箇所は無く、アイゼンを履かずに歩き通すことができました。

天城高原ゴルフ場から登山開始トイレ注意

ゴルフ場にある登山者専用駐車場からスタート。トイレもありますが冬季は閉鎖しているので要注意。

アセビの花芽

アセビの花芽をみつけました。5月の開花に向けて準備中。

天城山カンアオイ

カンアオイの花を見つけました。葉っぱに埋もれた茶色の花、わかりますか?

ブナとヒメシャラの森

ブナとヒメシャラの混成林。ブナは「極相」、ヒメシャラは「先駆植物」という特殊な植生!

ブナの葉っぱの霜

自然の造形美。ブナの葉が凍っています。

天城山のミヤマシキミ

ミヤマシキミの実を見つけました。

天城山大ブナ

ブナの奇樹が多いことでも有名です。落葉しない照葉樹と競争した結果なのでしょうか?不思議です。

ブナの殻斗

ブナのどんぐりの殻を見つけました。殻斗(かくと)と言います。

あじさいの水瓶

あじさい。学名「ハイドランジャ」の由来になった「水瓶」の形が良くわかります。

天城山山頂

伊豆半島の最高峰、万三郎岳1406m に到着。

ツツジの冬芽

ツツジの冬芽でしょうか。

天城山馬の背

「馬の背」という地点から振り返り、万二郎岳を望む。

コケが多く見られます

天城山は湿度が高め、コケが多く見られます。

達磨山の夕景

下山後、展望抜群の達磨山に向かいました。

達磨山から望む富士山

遮るものがなく、素晴らしい眺めです。

達磨山の夕焼け

西伊豆の海に太陽が沈んで行きました。